What is IS?〜渋谷駅から歩いて5分〜

ISグループのブログ、軽率にはじめます

島紀行~遊びじゃないです~

こんにちは。姫です。

 

9月も後半です。

 

完全に私事ですが、先週引っ越しました。

まだ全然片付いていません。転勤の多い職種の方々の大変さを感じています。

 

ところで、こちらのブログの読者は、やはり社員が多いのでしょうか?

それともスタッフ?はたまたイベント業界を志す方でしょうか?

 

せっかく色んな(?)人が読んでくれているのですから、私もそろそろ、同期や美味しいご飯の話だけでなく、どんな仕事をしているのかを語ってもいい頃合いかなと思い始めています。

 

先日(とはいっても数カ月前)、ちょっと面白いお仕事のために出張してきましたのでその記録を書いてみようと思います。

 

そもそもの発端は6月末、弊社社長からの「ちょっとこれ行ってきて」と言われて渡された資料には「神津島モニターツアー」の文字。

一体私は何をしてしまったのかと、直近の記憶が走馬灯のように駆け巡りそうでした。

だって、いきなり「」ですよ?

これぞほんとの島流しか・・・と思わず考えてしまってもしょうがないかと。

 

まあ冗談はさておき、とある旅行業関係の企業さんが地域おこしの一環として企画した神津島ツアーへのモニター参加が今回の業務となります。

一般の参加者を募る前に旅行業やメディアの関係者を集めツアー内容の吟味を行うことが主目的です。

 

ツアー地の「神津島」は伊豆諸島の有人島としては最も西にある活火山島で、東京から高速フェリーでも4時間以上かかりますが、一応東京都に属する島です。

 

f:id:isgroup:20180918122222j:plain

 

とにかく自然豊かな島です。

とは言っても、旅行を楽しむためだけに来たわけではないのでツアーの目的や島内の特色を聞きながら島中のスポットを巡ります。

 

島に到着してすぐに登山。日ごろデスクワークばかりの参加者が大半のため、頂上に到着する頃には誰も口を開けないぐらい・・・

ちなみに山頂はこんな感じです。そこかしこに野生の百合の花が咲いている幻想的な光景でした。

 

f:id:isgroup:20180918173750j:plain

 

普段の社内作業や現場では味わえない自然の豊かさを感じました。(小並感)

 

しかし!このツアーで何より楽しかったのは夜に開催された参加者同士の交流会!

残念ながらいろいろな問題で参加者の写真は載せられませんが、旅でおなじみの某旅行誌のライターさん、国内の大手旅行代理店の営業さんやおしゃれ旅行ガイド冊子の編集者さんなどなど国内の旅行業関係企業からの参加者がずらり。

さらには面白い形態の旅行を販売している企業の女性社長、今を時めくインスタグラマーなどなど・・・

個人的にはこの交流会こそがこのツアーの一番の収穫なのでは・・・と思うほど。

イベント現場などとは異なり、こういった場ではイベント関係の職種こそ少数派で異業種の方とコネクションを作ることのできた貴重な機会でした。

 

と、美味しいご飯とお酒に舌鼓を打ち、楽しい気分で話に花も咲きましたが、仕事であることは忘れてはいけません。

 

2日目の神津島観光協会の方々との意見交換会でもばっちり意見を述べてきました。

というのも大学の専攻がこういった"外部からの流入促進による地域振興"に関する研究でしたので、当社比1.5倍といったくらいによくしゃべりました。

何がどこで役に立つかわからないものです。

 

こういった地域振興というのは、関係各所とのバランスを間違えてしまうとすぐに頓挫してしまう非常にやりづらい分野ですが、いつか携わってみたいなあとしみじみ思います。

(もちろん今の仕事も十分楽しいですが、せっかく4年間も勉強したことですので機会は虎視眈々と狙っていくくらいの姿勢を見せておこうと思います。)

 

さてさて、実はまたこのようなツアーに参加する機会が巡ってきそうでもあります。

もし行くことが出来たら、このブログ用にきれいな写真を頑張って撮影してこようと思います。

 

もう間もなく10月。

以前に弊社の事務の方と話した際に、もう「酉の市」の時期になるのかと、1年のはやさを感じました。

ぼうっとしたまま1年を迎えないよう、もう少し1日ずつを意識して生活してみようと思います。(思うだけです。)

 

それでは。